後悔

私が知る限り、「王冠をかけた恋」で有名な、エドワード8世は、「王冠を捨てたことを後悔したことはない」
って言っているのですが、かたやシンプソン夫人は、
「結婚を後悔したことがある」といっている。
どうも、我々がずっとイメージしてた、「王様をたぶらかしたオンナ」というシンプソン夫人は少し違っていて、
結婚にも乗り気ではなかったらしいことが分かっています。
あれーー?そうだったの??、、ですよね。

イギリス国民がシンプソン夫人を嫌っていたのは、ナチスドイツとのかくぁり、
離婚歴、、なぢがあったからだそうです。
スパイではないか、とのうわさもあるけど、これはガセネタかなと。

それでもシンプソン夫人ははっきりと「後悔したことはある」と言っています。
その時の動画もありました。これ、知らなかったなーー。
後悔はしたけど、今はすっきりしている、とか。
そして、決してずっと仲良しではなかったかもだけど、夫婦として一生一緒にいて、、
エドワードの方が先に亡くなったけど、6年後くらいにシンプソン夫人も亡くなっています。
ふたり、仲良く横のお墓に眠っているそうですよ。
ここは良かったですねーー。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、けんとが2020年11月 1日 19:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明るい話題」です。

次のブログ記事は「どうして芸能界は、。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク