マリーテレーズ

フランス革命について読んでいて、マリーテレーズさんのことが出てきました。
ベルばら好きなら知ってるかもですが、マリー・アントワネットの娘で、最後まで生き延びた人です。
ちなみに息子のルイ・シャルルは亡くなっています。
自分が何者かもわからなくなっていたとか。。かわいそうに。

マリーテレーズは分かっています。
フランス革命がどんなものだったかも。
これはこれでかわいそうだ。
ものすごい時代に生まれ、育ち、翻弄されたマリーテレーズ、、、絵を見る限り、不幸な感じがしますが、彼女は本当に笑わない人だったんですって。
笑えないよね、、、そんな人生では。ロンドンにも亡命していました。
どこにいたんだろ、、、ちょっと興味あるな。
お子さんもいませんでした。一度だけ妊娠したようですが、かなり大きくなってからの流産だそうです。
昔はなかなか子供が、、生まれても育たない時代でしたしね。。。かわいそうに。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、けんとが2021年5月 1日 16:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「舘ひろしさんの思い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク